個別株分析はこちらで紹介! 記事を読む

共働き・30代夫婦の家計簿公開!(2021年3月)

コジコジ夫婦です。

コジコジ夫婦も、皆さまに倣って、家計管理をすることにしました。毎月リアルな家計簿を公開していき、皆さまからアドバイスもらいながら、資産形成できたらな、と思っています。コジコジ夫婦については、このサイトの紹介でも詳しく紹介しています。

目次

家計簿のルール

まずは家計簿のルール、方針を決めました。以下のように運用していきたいと思っています。

  • 私たちの収入は、コジ男収入(本業・副業・不動産)、コジ美収入(本業)です。それぞれが家計に拠出するスタイルをとっています。財布はコジ男の財布、コジ美の財布、共通財布ですが、ここで公開するのは共通財布だけです。
  • 基本的には家賃の20万円を除き、月10万円に支出を抑えるスタンスを取っていきます。ここでの支出とは、現時点では食費、日用品、光熱費その他家族の支出です。それ以外は各々が自分の財布から出すスタンスです。
  • 生活費のうち余ったお金と、残りの20万円は、以下のように運用します。
    • 当面の間(現預金300~500万円)までは、毎月10万円現金をためる
    • 残り10万円については、投資信託を積み立てで運用する
    • そして残った生活費については、さらに以下のルールで運用する
      • 端数(1万円以下)は仮想通貨口座へ。仮想通貨を定期的に購入する
      • 1万円単位のあまりについては、半分を外国株へ、残り半分を国内株へ投資する
  • 投資する銘柄については、家族会議にて決定します。
  • 会計年度は1~12月期とします。2021年については、家計合算が3月からなので、3月~12月の変則会計を行います。

このルールは、2021年3月に設定し、四半期単位をめどに必要に応じて見直すこととします。

収支実績(3月)

3月の収支は、+118,066円でした。予算の範囲とはいえ、結構ギリギリでしたね…。主な要因は、以下の通りです。

  • DMM仮想通貨口座開設のキャッシュバックキャンペーンで1,000円もらうことができた。
  • 3月は楽天スーパーセールがあったため、プロテインや炭酸水等のまとめ買いが多く、食費が多少上振れた
  • 電気代が2月、3月で暖房費がかかったこと、および2か月に1度の水道代の請求が来たため、少し上振れた

ということで、初回としてはまずまずの滑り出しかな、と思っています。

資産実績(3月)

2021年3月時点での資産は325,466円でした。なお、今月に限り、以下のような調整をしています。

  • 4/18時点での資産を「今月」で計上
  • 株、投資信託、仮想通貨については、購入時点の価格を「先月」として記載(購入したのは3月中旬~下旬にかけて)
  • 先月の期初投入額は、もともと結婚するにあたり二人で1月からためていたものを計上。

先月比で入金が+118,066円、含み益が+1,906円となっています。資産クラスごとの明細は以下の通りです。

ちょっとハイテクが下がったときに買えたTECLが損益のドライバーになっています。ビットコインも高いと思ったけどいいタイミングで入れたかな…アジア開発はちょっと失敗しました(涙)

そして、見ての通り、今のところ、株については、リスクの高いものを選んでいます。投資信託は比較的安定しているインデックスを選ぶので、ここは少し冒険しようかな、と思っています。でも優待株も欲しい~、、、

まとめ

こういった形で、リアルな30代夫婦の家計簿をまとめていきたいな、と思っています。目標は1億円!(いつになることやら…)ですが、千里の道も一歩より、という言葉もありますので、コツコツ進めていければという形で思っています。まずは当面の目標は、500万円くらいかな…

今後は、資産形成のコツやら、うまく節約できた方法も、載せていければいいな。ではまた来月をお楽しみに~♪

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる