個別株分析はこちらで紹介! 記事を読む

【お買い物マラソンスタート!】楽天でふるさと納税やってる?おすすめの返礼品はこれだ!(海鮮編)

お得な生活を目指すうえで欠かせないのがふるさと納税。お得生活をする人ならみんなやってますよね。コジコジ家ももちろんやっています。

とはいえ、ふるさと納税で何を選べばお得なのか…そういった悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。

この記事では、年間50万円以上ふるさと納税でお得な品物をゲットする、コジコジ夫婦が、お勧めのふるさと納税返礼品を紹介します。

まずはみんな大好き!海鮮編から

目次

まずはおさらい!ふるさと納税のメリットとは?

もしかすると、ふるさと納税のメリットをよく理解していない、という人もいるかもしれないので、念のためふるさと納税について説明します。

ふるさと納税とは何?仕組みは?

ふるさと納税は、自分の選んだ自治体に寄付(ふるさと納税)を行い、その返礼品として、地域の特産物がもらえるという制度のものです。寄付金額のうち、2000円を超える部分について、所得税と住民税から控除がされ、確定申告や年末調整をすることで寄付した金額が還付されます。

ふるさと納税、具体的にいくらできる?

じゃあ実際いくらできるの、っていうのが気になるところですよね。ふるさと納税の限度額は、以下の3つの組み合わせで決まります。

  • 所得税からの控除 = (ふるさと納税額-2,000円)×「所得税の税率」
  • 住民税からの控除(基本分) = (ふるさと納税額-2,000円)×10%
  • 住民税からの控除(特例分) = (ふるさと納税額 – 2,000円)×(100% – 10%(基本分) – 所得税の税率)※

※この金額が住民税所得割額の2割を超える場合は、住民税所得割額の2割で計算されます。

とはいえ、考えるのもめんどくさいので、なんとなくの目安だけ覚えておきましょう。家族構成と給与収入でだいたいの金額が決まります。

出所:総務省「ふるさと納税ポータル」

計算方法や具体的なシミュレーションは、総務省の「ふるさと納税ポータル」が詳しく解説していますので、よければそっちも見てみてくださいね。

どうすれば還付金が得られるの?

ただ申し込みをすれば、還付金が得られる、というわけではありません。ちょっとした手続きが必要になりますので、ご注意ください。

5自治体以下なら、ワンストップ特例制度が使える

申し込んだ自治体が5つ以下なら、ワンストップ特例制度というものが使えます。これは、確定申告をする代わりに、申請書を自治体に送付することで、確定申告が不要となる制度です。申請書はふるさと納税を申し込む時に同時に入手することができます。

ただし、これは年末調整だけで、確定申告していない人が対象になります。

それ以上なら確定申告で対応

6自治体以上に納税する場合、また、普段確定申告をしている場合は、確定申告をすることが必要になってきます。とはいえ、配当金や不動産で確定申告をしている人も多いと思うので、多くの人はこちらかもしれません。

ふるさと納税は楽天で行うべき!その理由とは?

ふるさと納税は、いろいろなポータルサイトがあり、どこで行っても控除される金額は変わりません。しかし、コジコジ夫婦は、圧倒的に、「楽天」でふるさと納税をすることをお勧めします!

楽天ふるさと納税のメリット:圧倒的にポイント!ポイント!ポイント!

楽天でふるさと納税を行う最大のメリットは、ただただポイントです。最大で、25%以上の還元を受けることができるからです。

楽天は通常からポイントアッププログラムを用意しています。これをMAX満たせば、普通に買い物をしても15.5%の還元を受けることができるのです。

楽天のポイントアッププログラムです。

楽天ふるさと納税のメリット:さらにポイントUPのチャンスが!

15%でも大きな還元率(他ではできないと思います)が、さらに時期によっては、ポイントUPのチャンスがあります。お買い物マラソンやスーパーセールでは、買い回りプログラムがあり、最大ポイントが10倍になるのです。(+9倍)

出所:楽天

さらに、5のつく日(5と0のつく日は+1倍)、39ショップ(ほとんどのふるさと納税が39ショップの対応です。)のキャンペーンや、楽天が勝った次の日のキャンペーンなどをうまく使うことで、最大約30%もの還元を受けることが可能なのです。

つまり、10万円のふるさと納税を行った場合:

支払額:2,000円 還付ポイント:約30,000ポイント 返礼品:10万円分

となるわけです。実質2万8000円もらえて、かつ返礼品ももらえるということになります。これを利用しない手はないですよね。

というわけで、ふるさと納税は、「楽天」一択なのです。

>>>楽天ふるさと納税へはこちらから

https://event.rakuten.co.jp/furusato/

楽天ふるさと納税のおすすめ返礼品:1万円前後で買える海鮮のおすすめは?

ふるさと納税で人気なのは、やっぱり「海鮮」ですよね。ちょっといいお魚や貝、ウニなんかも、普段は買わないけど、ふるさと納税だと選んでしまいますよね。

ではさっそく、ふるさと納税で買える、1万円前後の海鮮のおすすめを紹介していきましょう!

絶対おすすめ!ブラックタイガー1㎏(福井県敦賀市)

我が家の冷凍庫に絶対あるもの、それがこのエビです。鍋によし、チャーハンによし、エビチリにもよし、パスタにも良し…

これを見つけてからは、エビを買わなくなりました。それくらい質が高いエビが入っています。

通常ではだいたい3500円くらいなので、還元率は35%と高め。まず第一におすすめしたいアイテムです。

>>>楽天ふるさと納税でこの商品を見る

絶対おすすめ!その2:オホーツク産ホタテ1.5㎏(北海道紋別市)

これも我が家の冷凍庫に絶対にあります。1㎏が人気ですが、1.5㎏のほうがもちろんボリュームもありますし、ぶっちゃけ味は変わりません。大きさもそこまで変わらないので、我が家ではこちらをセレクトしています。(売り切れの場合のみ1㎏を選んでいます。)

サラダにもよし、チャウダーにもよしで、冷凍庫にあったらうれしいものパート2ですね。

>>>楽天ふるさと納税でこの商品を見る

ウニを選ぶポイントは「ミョウバン不使用」(北海道根室市)

ウニは、実は量で選んではいけません。ウニのふるさと納税もいくつも試しましたが、結論は

「ミョウバン不使用」のウニを選ぶこと、です。これだけでお寿司屋さんのようなウニを家庭で食べることができます。

結論、北海道根室市のウニ。我が家はここを一生リピートし続けるでしょう。

>>>楽天ふるさと納税でこの商品を見る

明太子は量で選ぶべし!2㎏入ってお得な明太子(福岡県新宮町)

逆に量で選ぶべきなのが、「明太子」です。贈答だと気を使いますが、家で食べる分には全く問題ないですよね。この商品は見た目はいまいち、でも2㎏入ってて超お得!

我が家はめんたいこパスタ、めんたいこうどん用として常備しています。

>>>楽天ふるさと納税でこの商品を見る

ウナギはこれで決まり!まさかの和歌山県(和歌山県有田市)

ウナギは夫婦ともに好きなのですが、なかなか理想のものに出会えませんでした。妙に脂っぽかったり、ボソボソだったり…

あきらめかけてた時に見つけたのがこちらのウナギ。絶妙な脂ののり方と、焼き方がとってもお気に入りです。

冷凍ウナギをおいしく食べるコツをこっそり紹介。ウナギはごはんを炊いたうえにアルミホイルに包んだものを入れて、炊飯器でそのまま蒸しちゃいます。最後にオーブントースターで少しカリっとさせると、ほぼお店の味になります。

>>>楽天ふるさと納税でこの商品を見る

いくらじゃなくてあえてのすじこ(北海道白糠町)

コジコジ家では、ふるさと納税では、いくらではなくあえてすじこを頼んでいます。なぜか冷凍のいくらにそこまで魅力を感じないので、すじこを魔改造していくらにしました。冷凍いくらよりも歯ごたえがよく、また、好みの味になるのでお勧めです。

いくら、すじこは産地である白糠町をセレクト。すじこからいくらをつくるのがお勧めですが、面倒くさい場合はいくらでもいいと思います。

>>>楽天ふるさと納税でこの商品を見る

海の宝石箱!岩手県の海宝漬(岩手県釜石市)

最後は加工品。これは好き嫌いがわかれるかもしれませんが、最高に贅沢な珍味です。そしてたっぷりと350g入って13,000円…

あわびといくらが入っており、飯の友、酒のつまみにぴったりです。我が家は年末年始に買い、正月はこれでお酒を楽しみます。

>>>楽天ふるさと納税でこの商品を見る

楽天ふるさと納税は、お得生活やるなら絶対しっておくべき!

楽天ふるさと納税は、このほかにも、お肉やお野菜、果物、加工品など何万種類もの品から選ぶことができます。

このタイミングで、今年(ふるさと納税は1~12月で計算されます)のふるさと納税をやってみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税は本当に簡単です。豊かでお得な生活のために、ぜーーーったい取り組みましょう!

>>>楽天ふるさと納税へはこちらから

https://event.rakuten.co.jp/furusato/

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる